40代の行政書士開業、資格取得奮闘日記

オフィスかわしまのブログ。40代後半会社員の群馬県邑楽郡大泉町での行政書士開業準備日記。そして、ビジネスに関する色々な資格取得の挑戦、応援日記。

行政書士

民泊を始めるにあたり重要な家主居住型、あるいは家主不在型について

皆さん、こんばんは。現在、民泊について、調べております。民泊には、行政への届出が絡むので、行政書士として、皆様のお役に立てるよう準備いたします。 民泊については、こちらの環境庁が作成されている「民泊制度ポータルサイト」が参考になります。 www…

今飼育されているペットについて終生飼育の義務、問題ないですか?

皆さん、こんばんは。 現代は、少子高齢化も影響していると思いますが、ペットを家族として迎えるご家族も多いと思います。かく言う私の家庭でも、ワンコを家族の一員として一緒に暮らしております。犬をはじめとした動物は、子供の情操教育という点でも意味…

お墓について考えてみませんか?墓じまい、改葬について書きました

お墓参りと言えば、現代の私たちにとって、ご先祖様に供養するのに大切なイベントとなっております。春の彼岸、お盆、秋の彼岸、お墓をお参りする機会が年に数回ある方も多いと思います。 このお墓ですが、最近は墓じまいなんて言葉を聞くケースも出てきまし…

本日のニュースから 一人暮らしの世帯が増加傾向にあります

1世帯の人数は33年に2人割れ、50年には一人暮らしが44%に…社人研の推計 : 読売新聞 (yomiuri.co.jp) こちらの記事を読んで、人口減少がますます進んでいるなと実感しました。そして、一人暮らしの世帯が増えるということで、行政書士として、出来る…

行政書士の業務について改めて考えてみる

皆さん、こんばんは。 皆さんは行政書士の業務具体的に思い浮かべることはできますか?同じ士業でも、弁護士は裁判で原告、被告の手助けをしている、司法書士は土地の登記に絡んでいるなど、これらの士業については、イメージをお持ちの方も多いかと思います…

民泊の可能性について書いてみます

皆さん、こんばんは。昨日投稿しました、民泊ですが、過去に日経新聞でも記事に取り上げられています。 ・現在、ペットは家族の一員と考える方も多く、旅行される際も、ペット同伴というケースも多くあります。民泊を利用して、そのようなニーズに応える。同…

民泊の届出関連情報について書いてみる

コロナウィルス騒動が一段落して、私たちの生活も、パンデミック前の状態にほぼ戻りました。東京をはじめとした観光地等に行くと、日本に来られている海外の方がだいぶ戻ったなあと、実感できます。いわゆる、インバウンドです。それに伴い、宿泊施設の滞在…

行政書士の開業に二の足を踏んでいる方

行政書士の開業、やってみたくても、なかなか重い腰が上がらないなんて方もいらっしゃるかもしれません。開業のための資金が必要ですし、開業後の実務の不安もある。前途多難にしか思えない、私自身、そんな気持ちが半分なのが実情です。とはいえ、生来の楽…

行政書士業務のお勉強

皆さん、おはようございます。現在こちらの本を読んでいます。そうだったのか行政書士という本で、行政書士が関係する許認可申請等の種類が色々載っています。 そうだったのか! 行政書士 受験・開業する前に読む本 [ 竹内 豊 ]価格:1,980円(税込、送料無…

行政書士試験

私は2023年度の行政書士試験に合格しました。といっても、お恥ずかしながら、圧倒的な合格結果ではなく、182点で辛うじての合格でした。 試験終了後に自己採点したところ、択一の試験の出来が芳しくなく、記述での挽回は難しいかなと思っておりました。とい…