40代の行政書士開業運営、資格取得奮闘日記

オフィスかわしまのブログ。40代後半会社員の群馬県邑楽郡大泉町での行政書士開業、運営日記。そして、ビジネスに関する色々な資格取得の挑戦、応援日記。

独自ドメインは、出来るだけ短いドメインのご検討をおすすめします

皆さん、こんばんは。

行政書士の開業をはじめとして、何らかのビジネスを始める時、必要不可欠と言っていいものがホームページと思います。インターネット全盛の現代では、クライアント様へ自社を紹介するため、ご提供できるサービスを紹介するため、これほど便利なものはありません。また、ホームページを用意している会社であれば、検索サイトを経由して、お客様側から探して、アプローチしてくるといったケースも想定されます。

そんなホームページを用意するには、まず初めにこれらを行う必要があります。

サーバーはホームページの情報を保存しておくところ、ドメインはホームページ上のアドレスです。ちなみにこのブログのドメインはshikaku555.comです。

このドメインですが、希望するドメインがあったとしても、別の方がすでに使用されている場合は、選択できません。別のドメインを検討する必要があります。そして、このドメインを決める際のアドバイスとして、出来るだけ短いドメインを選択することをおすすめします。今では、名刺にホームページのアドレス、メールアドレスを載せるケースが多いと思います。連絡を取る手段として、便利ですからね。

とは言え、仮に長ったらしいドメインを設定されている場合は、お客様側でメールアドレスを入力する際に、ひと手間かかってしまうことになります。最悪の場合は、打ち間違えるなんてこともあるかもしれません。

電話での商談の際も、ドメインが長ったらしいと、相手に自分のメールアドレスを伝えるのに四苦八苦します。聞き間違えなんてものが生じる可能性もあります。

ドメイン等は、個人的な好み等も影響してくると思いますので、一概には言えないですが、あくまで、私の考えでは、短いドメインの方が使いやすいと思います。ホームページ、メールアドレスを準備しようと考えている方は、よく検討されて下さい。ドメインは、一度決めると、そうそう何度も変更するようなものではないので、熟考された方がよいと思います。