群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所のブログ

行政書士オフィスかわしまのブログ。群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所です。薬機法関連、化粧品製造販売業許可申請代行、化粧品製造業許可申請代行等を得意としております。ビザの申請等、在留資格関連の申請についてもお手伝い、代行させて頂きます。事務所代表の資格挑戦についてもこちらで記載します。

化粧品の輸入、輸出が盛んです。倉庫業にもチャンスです!

韓国製のコスメが人気を博していること、あちらこちらで耳にします。韓国製が増えているということは、輸入している化粧品が増えているということ。ここで実際に、どれくらい、輸入が増えているのか調べてみました。併せて、化粧品の輸出状況についても調べております。

こちらにグラフを載せますが、こちらのグラフは日本化粧品工業会様のホームページから拝借しております

化粧品輸出、輸入状況グラフ

こちらに載せたグラフのように、近年、化粧品の輸出、輸入が増加しております。当然ながら、化粧品の販売、製造をしている会社によっては、よいトレンドと思われます。ただ、この恩恵、倉庫業をやられている業者にとってもチャンスと思えます。化粧品を輸入するにも、輸出するにも倉庫が必要となるからです。

そして、このようなチャンスを活かすのに、ぜひご検討頂きたいのが、化粧品製造業許可を取得すること。化粧品製造業許可を取得すれば、輸入した化粧品に法定表示ラベルを貼り業務が出来るようになりますし、輸入した化粧品の検査もできます。

現在、インターネット通販の賑わいもあり、そこかしこで、大型倉庫の建設が行われています。関東で言ったら、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県等で建設されているケースが多いと思います。倉庫の絶対数が増加傾向にあります。このような競争下では、倉庫としての差別化を図る必要があると思われ、化粧品製造業許可を持っていることは大きなアピールポイントになるかと思います。

化粧品製造業許可を取得するには、必要となる要件がありますが、そのことを考えたとしても、取得しておく価値があるのではないでしょうか。化粧品製造業許可に興味をお持ちになられましたら、お気軽に当事務所にお問い合わせ下さい。

化粧品製造業許可取得のお手伝いを致します 行政書士オフィスかわしま