40代の行政書士開業運営、資格取得奮闘日記

オフィスかわしまのブログ。40代後半会社員の群馬県邑楽郡大泉町での行政書士開業、運営日記。そして、ビジネスに関する色々な資格取得の挑戦、応援日記。

行政書士の確定申告には会計ソフトが役立ちそうです

行政書士登録が完了して、個人事業主になると、必要不可欠なのが確定申告です。私のような、今まで会社勤めをしていて、会社に経理関係はおまかせしていた方は、確定申告とは何ぞや???といった状態かもしれません。

簿記の勉強をしてみると、お金のやり取りが発生するケースでは、仕訳という処理が必要なのが理解できるようになります。行政書士で開業をされる方は、ぜひ簿記3級の受験も考えてみてください。簿記の勉強は建設業計理士の勉強にもつながり、行政書士の業務を広げるにあたり、大いに貢献してくれます。


みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第12版 [簿記検定 ネット試験 統一試験 完全対応](TAC出版) (みんなが欲しかったシリーズ)

 

そして、来る確定申告に向けて、私自身は、クラウドタイプの会計ソフトを利用することにしました。「やよいの青色申告オンライン」になります。現在、開業に向けて色々備品、実用書を揃えております。これらの発生した経費をまとめるにあたり、この会計ソフトが役立ってくれております。エクセル等で集計するのも一つの方法ではありますが、会計ソフトはそれ専用に用意されているだけあり、使い勝手が抜群です。順調に行政書士登録、開業が進めば、来る5月、6月辺りには、業務が開始できると思います。ということは、今年度から確定申告が必須となるので、やよいを活用して、出来るだけリアルタイムに諸々のお金の動きを記録に残していくように考えています。皆さんも、会計ソフトを利用されること、検討されてみてはいかがでしょうか?