40代の行政書士開業、資格取得奮闘日記

オフィスかわしまのブログ。40代後半会社員の群馬県邑楽郡大泉町での行政書士開業準備日記。そして、ビジネスに関する色々な資格取得の挑戦、応援日記。

肢別過去問、テキスト、今年度版を用意しましょう

皆さん、こんばんは。

行政書士試験で使用されるテキスト、問題集は、今年買い換えましたか?昨年受験されて、テキスト、問題集があるという方は、それらを使用したいと思うのではないでしょうか?

この件については、私はそれでよいのではと言いたいところです。実際、昨年2023年に受験した際は、2022年の肢別過去問も使用していました。過去問、テキストに、私の場合は、書き込みを多くしていたので、情報量が、通常の新品の過去問より多くなっていたためです。あえて、新しい過去問を用意せずに、情報量の多い、使い古しのものを再度使用する方向にしました。

ただ、今年に限っては、今年度版の過去問、テキストをご用意された方がよいかもしれません。民法行政法等については、昨年度の過去問、テキストで問題ないかもしれません。ただ懸念材料が一般知識で、今年から行政書士法等が出題されるようになります。この部分の対策としては、今年度版の過去問、テキストで対応するのが無難と思います。特に独学で合格を目指していらっしゃる方は、行政書士法等の対策として、今年度の過去問、テキストを検討すべきと思います。お金がかかりますが、抑えるところは抑えないと、手痛いしっぺ返しにあう可能性もあるかもしれません。