群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所のブログ

行政書士オフィスかわしまのブログ。群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所です。薬機法関連、化粧品製造販売業許可申請代行、化粧品製造業許可申請代行等を得意としております。ビザの申請等、在留資格関連の申請についてもお手伝い、代行させて頂きます。事務所代表の資格挑戦についてもこちらで記載します。

化粧品製造販売業で用意する必要があるGQP手順書について書いてみます

化粧品製造販売業、医薬部外品製造販売業で、肝となります、GQP手順書について書いてみます。GQP手順書同様に、必須であるGVP手順書についての説明は、以下のリンク先で説明しております。

GVP手順書の作成について書いてみます。 - 群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所のブログ

 

尚、GQP手順書の大元の出どころは、GQP省令になります。そして、「GQP手順書」とは、化粧品製造業界において重要な品質管理の一環として使用される文書です。以下にその概要を述べます:

GQPの意味: GQPは「Good Quality Practices(良好な品質管理手順)」の略称です。これは製造工程における品質の一貫性を確保するための手順や規定を指します。

目的: GQP手順書の主な目的は、製造プロセス全体での品質基準を確立し、品質の安定性と一貫性を保つことです。これにより、製品の品質が保証され、消費者の安全性が確保されます。

内容と要素: GQP手順書には、以下の要素を含める必要があります。

  • 市場への出荷に係る記録の作成に関する手順
  • 適正な製造管理及び品質管理の確保に関する手順
  • 品質等に関する情報及び品質不良等の処理に関する手順
  • 回収処理に関する手順
  • 自己点検に関する手順
  • 教育訓練に関する手順
  • 文書及び記録の管理に関する手順
  • 安全管理責任者その他の品質管理業務に関係する責任者との相互の連携に関する手順

重要性と利点: GQP手順書の遵守は、企業にとって品質の向上とリスクの低減をもたらします。品質問題の予防、不良品の削減、法令順守の確保などがその利点として挙げられます。

総括すると、GQP手順書は製造プロセス全体での品質管理を確実にするための重要なツールであり、企業の信頼性と製品の信頼性を高める役割を果たします。

当事務所では、GQP手順書、GVP手順書について、貴社の実態に合わせた形で作成代行致します。インターネット上には、行政が用意したGQP手順書モデルがあります。これらはあくまでモデルであるため、実際に運用する貴社のシステムにマッチしていなければ、単なる書類で終わってしまいます。このような事態を防ぐため、実際の運用に合わせた形で、GQP手順書を整備させて頂きます。当事務所まで、お気軽にご相談下さい。

化粧品製造販売業許可申請なら行政書士オフィスかわしま