群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所のブログ

行政書士オフィスかわしまのブログ。群馬県邑楽郡大泉町の行政書士事務所です。薬機法関連、化粧品製造販売業許可申請代行、化粧品製造業許可申請代行等を得意としております。ビザの申請等、在留資格関連の申請についてもお手伝い、代行させて頂きます。事務所代表の資格挑戦についてもこちらで記載します。

コーヒー豆の販売には届出が必要かもしれません

皆さん、こんばんは。
今日はコーヒーにまつわるお話をしたいと思います。コーヒーと言いますと、個人的なお話になり恐縮ですが、毎日の必須の飲み物となっています。目覚めに一杯のコーヒーは、頭をすっきりさせるのに最適です。また、コーヒー豆から挽いて、用意したコーヒーは、香りも楽しめ、一日のスタートにもってこいの飲み物です。

コーヒーと言えば、ここ最近、コーヒー豆を用意されて、自宅で焙煎から楽しまれている方もいるようです。近所を散歩してますと、ちらほら、コーヒー豆販売中との案内を掲示されているお家を見かけます。このようにコーヒー豆を販売されるのは、自分で焙煎したおいしいコーヒー豆を多くの皆さんに味わってもらいたい気持ちの表れと思います。そして、コーヒーはブームだなあと改めて感じた次第です。

ただ、この焙煎、粉砕をしたコーヒー豆をお客様に販売する、この行為に実は営業の届出が必要であることはご存じでしょうか?2021年6月の法改正より、現行のシステムに変わっています。こういった細かい法律については、知らずにすぎてしまうケースもあります。もし、コーヒー豆を焙煎、粉砕して、お客様に販売する行為をされている場合は、営業の届出を必ずするようにしてください。最悪のケースでは、罰則の可能性もございます。

そして、もう一点ですが、コーヒー豆をお客様に販売される際は、表示についても気を付けるようにして下さい。一般の食品は、食品表示法に従い、製品の表示をしております。コーヒー豆も、この食品表示法に従うことになります。

コーヒー豆販売に必要な届出について疑問がある方、コーヒー豆のパッケージ表示について疑問がある方、お気軽に当事務所にお問い合わせ下さい。

食品の各種許認可のご相談お気軽にどうぞ!行政書士オフィスかわしま 

ドローンの展示会が開催されています

つい先ほどニュース番組を見ておりましたら、こんな展示会が開催されているようです。

ssl.japan-drone.com

ドローンは今後、ますますその役割が注目されると思われ、その可能性は無限大です。行政書士としてお手伝いできる許認可申請等もありますので、こういった展示会等に参加して、情報収集が出来れば、理想的なのですが。今回は日程の都合上、大変残念ですが、参加は難しいです。

これからますます可能性が広がるドローンに関する法制度については、引き続き勉強続け、フォローアップしていこうと考えております。

戸籍について勉強するのにおすすめの本です

相続、遺産分割協議書の作成、行政書士がお手伝い出来る業務には、戸籍の調査が重要なウエートを占めます。ということは、当然ながら、戸籍を読んだり、取ったり、調べたり出来なくてはならないわけです。

私自身もですが、行政書士になる前は、戸籍を取るということは、まったく考えたことありませんでした。一般のサラリーマンで、こういった経験を常日頃されているといった方は、ごく少数かと思います。

行政書士として、相続等のお手伝いをするにあたり、戸籍の勉強をする必要があるのですが、私自身はこんな本で勉強しました。

戸籍について、基本的なことから学べるので、最初のとっかかりとしては良い本と思います。

将来的にライドシェアが全面解禁になることはあるでしょうか?

2024/6/1現在、日本でのライドシェアの参入が許されているは、タクシー事業者のみです。そして、先日のニュースでは、他の事業者にもライドシェアへの参入を許可する、ライドシェアの全面解禁について見合わせとの報道がありました。そもそも、国土交通省は、この全面解禁について慎重な姿勢をとられており、政府内でもコンセンサスを取るには、まだまだ時間が必要と思われます。

news.yahoo.co.jp

アメリカでは既にライドシェアが活用されていますが、それに伴い問題も発生しているようです。ライドシェアを介した犯罪も実際発生しているようで、このような事実がある限り、日本では簡単に全面解禁するという訳には行かないのでしょう。

市民の利便性を考えますと、とりわけ田舎にお住いの方は、ライドシェアの恩恵が得られるかもしれません。一部の田舎の地域では、高齢化、人口流出の影響を受け、移動の手段が問題になっているなんてケースもあります。そのようなケースでは、運転できる方がライドシェアを用意して、市民の足になるなんてことも期待できます。

全面解禁には、色々更なる議論が必要となると思いますが、皆が安全に利用できるライドシェアの仕組みが見つかればと思います。

許認可に関わることですので、当事務所でも、今後の動向に注視して、自分自身ライドシェアに関して、情報収集を続けていきたいと考えております。

農業をされている方は種苗法を理解しておきましょう

皆さん、種苗法はご存じでしょうか?

種苗法とは、いわば農業の特許のようなものです。野菜、果物、穀物、花など農作物の苗や種について、新たに開発された品種を農水省に出願して、認められた場合、育成者権を得られ、その農作物の栽培、増殖する権利を占有することができます。

昨今のニュースでは、日本で開発された品種の果物が、知らぬ間に海外で生産され、流通されているなんてことが報道されることもあります。一つの品種を開発するには、長い年月と開発者の努力が必要です。このような一朝一夕では開発できないものを勝手に海外に持ち出され、生産されてしまう、こういった事態を未然に防ぐためにも、この種苗法は機能しています。そして、開発者には、開発したことに対する恩恵を与える、最も当然のこととも思えます。

昨今では、若い年齢層でも農業について目を向けている方もいらっしゃいます。また、法人化させ、大きな規模で農業をされている方もいらっしゃいます。チャレンジ精神が旺盛な農家の方には、今後の農業の発展のためにも、種苗法をご理解頂き、新品種の開発等に挑戦されてみてもよいかと思います。

 

当事務所では、この種苗法に関して、皆様に以下のようなサポートをご用意できます。

  • 法令遵守の支援: 農業関連事業者や農家などのクライアントに対し、種苗法およびその関連法令の遵守をサポートします。これには、法令の解釈や適用に関する助言、法令順守のための手続きや規制に関する情報提供が含まれます。
  • 登録申請の支援: 種苗法に基づく種子や苗の生産・販売に関する登録申請の支援を行います。申請書類の作成や提出、必要な手続きの管理などを担当し、スムーズな登録手続きをサポートします。
  • 情報提供と教育: 種苗法やその関連法令についての情報提供や教育活動を行います。農業関連団体や農業者向けのセミナーや研修などを通じて、種苗法の理解と遵守を促進します。
  • 規制コンプライアンスのアドバイス: 農業関連事業者や農家が種苗法に準拠して事業を運営するためのアドバイスを提供します。これには、品質管理や検査体制の整備、規制に関する定期的なコンプライアンスチェックなどが含まれます。

その他、種苗法に関係ないことでも、土地に関することをはじめ、農業に関係する法律に関して、ご相談頂いた場合は、誠心誠意対応させて頂きます。お気軽に当事務所にご相談下さい。

種苗法をはじめとした農業関係の各種許認可ご相談お気軽にどうぞ 行政書士オフィスかわしま